外壁塗装リフォームの目的とリフォーム業者との契約!

外壁塗装リフォームとは?

外壁塗装リフォームとは?

外壁塗装リフォームとは何でしょうか?
家屋は、新築時には美しい状態ですが、紫外線や雨などの影響により、少しずつ劣化してしまいます。

高いお金をかけて購入したマイホームですので、いつまでも、快適な環境で暮らすことができるように、天候などにより、最も被害を受けやすい外壁に特殊な塗料を塗ることで、家の寿命を延ばすことができます。
それが、外壁塗装リフォームです。

外壁の状態が良くなければ、室内環境も悪くなります。
また、外壁がしっかりした状態でなければ、家の内部構造にも悪影響を及ぼし、シロアリなどが家を食いつぶしてしまうようなことにもなってしまいます。

また、壁が劣化しますと、美観が損なわれることにもなってしまいます。
ですから、外観を良くするためにも、外壁の塗装をすると良いのです。

外壁塗装リフォームの工事には、かなりの費用がかかりますので、より良い工事業者を選ぶことが大切です。
多くの人が、悪徳な業者に騙されて、泣き寝入りする状態になるとも言われています。

外壁塗装リフォームをする場合には、タイミングを考える必要もあります。
新築して間もなく、施工をすることは、望ましくなく、壁の劣化が始まる時期に、工事をする必要があります。

ご自身で外壁を見れば、劣化の状態はわかると思うのですが、家を購入した場合に、販売業者に、どの程度の頻度で、外壁塗装リフォームをしたら良いかを確認しておくとよろしいです。
そして、できれば、家を購入する場合に、外壁が強い材料を利用することや、より良い塗料を塗布してもらうようにすれば、いつまでもしっかりした建物を維持することができると思います。

参考:外壁リフォーム費用

外壁塗装リフォームの目的その1.劣化防止

外壁塗装リフォームの目的その1.劣化防止

外壁塗装リフォームをする目的は、家自体の劣化防止をすることです。
壁がしっかりしていない場合には、雨や紫外線などの影響を受け、少しずつ建物が傷んでしまうのです。

家を守るためには、悪い環境の要素を遮断してくれることが必要です。
日本は、雨が多く、外壁は常に、水分により劣化をする場合が多いです。

ですから、まずは、雨による悪影響を防がなければなりません。
外壁が雨によって、劣化してしまいますと、雨漏りなどが起きる可能性も高いのです。

そして、雨漏りに至らなくとも、壁が水分を含むことにより、シロアリなどが、家を食いつぶしてしまう可能性も高いのです。
そして、外壁が劣化をして、ひびなどができてしまいますと、家自体の安全性が確保できない状態になってしまいますので、地震の多い日本では、家の安全性が保てないような状況になることも考えられます。

マイホームは、高いお金を支払って、長い期間、返済をしなければならないような大きな買い物です。
大切なマイホームを守るためには、しっかりと家のメンテナンスをしなければなりません。
外壁塗装するだけで、劣化防止効果があるのか?と思う人も多いと思います。

壁を修理するよりも、塗装をした方が安い費用で済みますので、家を維持するという意味で、定期的にメンテナンスすることが大切なことです。
外壁がしっかりしていれば、室内空間も快適になり、塗料によっては、美しい外観を保つことができるのです。

外壁塗装リフォームの目的その2.家の外観を良くする

外壁塗装リフォームの目的その2.家の外観を良くする

外壁が劣化しますと、家の外観・見栄えが悪くなります。
ひびが入っていたり、色落ちがあることにより、立派な住宅という印象が薄れてしまうのです。
外壁塗装リフォームをする場合には、劣化した部分を補修して、塗料を塗ることになります。

塗料には、色がついている場合が多いので、ご自身の希望する色を選択すればよろしいと思います。
センスの良い色を選択すれば、家の外観を保つことができますし、塗料の特性が良い場合などは、当然、外壁の劣化を防ぐこともできるのです。

高いお金を払って購入したマイホームですので、いつまでも美しい状態であることを誰しも期待することだと思います。
住宅を作る材質により、外部環境による、被害の受け方は変わると思います。
どのような材質でも、外部環境により、少しずつ劣化をしてしまいます。

外部環境の影響を受けにくい材質を選ぶことも重要なことですし、マイホームを購入した際に、外壁塗装リフォームなどをしてもらうようにすれば、建物の寿命も延びると思われます。
立派な住宅だと、他人から思われるようにするために、家の外観キレイにすることはとても大切なことです。

また、見栄えだけを求めるのではなく、室内の環境を維持するためにも、外壁塗装リフォームは重要なことです。
家は、環境により、あらゆる被害を受けることになります。
紫外線や雨などの被害をダイレクトに受ける部分ですし、室内を保護するために重要な役割を果たすものです。

ですから、費用はかかりますが、家の外観や室内空間の快適性を求めて、定期的に外壁塗装リフォームをするべきだと思います。

外壁塗装リフォームの目的その3.住宅保護

外壁塗装リフォームの目的その3.住宅保護

外壁は、住宅の中でも、外部に接する部分ですので、あらゆる環境により、劣化が激しい部分です。
より良い壁の環境でなければ、室内にも悪影響があり、快適な暮らしを送ることができません。

ですから、定期的に外壁塗装リフォームをして、住宅を保護するようにしなければなりません。
外壁塗装リフォームと一口に言いましても、屋根や壁などさまざまな部位がありますので、部位に応じた塗料などを利用すべきです。
素人ではわかりにくいので、施工業者に、相談するとよろしいです。

工事をしますと、耐久性や防水機能が高まります。
そして、断熱や防音効果もあります。

耐久性を高めるための塗料としては、アクリル系やシリコン系、そして、ウレタン系やフッ素系などがあります。
特にフッ素系の塗料は、雨や日光などの盈虚を受けにくくすることができますので、外壁の保護に適した塗料です。

住宅の材質によっては、水分や湿気に強くないものもありますので、塗料を塗ることにより、雨漏りなどを防ぐことができるのです。
そして、季節により、暖かい環境を求めたり、涼しい環境を整えたいと思います。
外壁塗装リフォームをすれば、断熱効果もありますので、常に快適な暮らしができます。

そして、日光により壁が劣化する場合もあります。
屋根などは、常に太陽光の影響を受けますので、劣化も激しいのですが、外壁塗装リフォームをすれば、日光による屋根の劣化か保護することができるのです。

壁は、劣化が進んできた状態ですと、素地を修復した上で、施工をすることになりますので、費用がとても高くなってしまいます。
ですから、壁の劣化が起きる以前に、外壁塗装リフォームをすべきです。

外壁塗装リフォームの契約方法

外壁塗装リフォームの契約方法

外壁塗装リフォームをする場合には、当然、契約をすることになります。
契約が良い条件でなければ、あとで泣き寝入りをしてしまうような状態になってしまうこともありますので、契約書や見積書については、しっかりと確認することが必要です。

悪徳業者の場合には、受注をするために、大幅な値引きをする場合や、契約を急ぐ傾向にあります。
他社の見積りと比べられますと、困ってしまうので、早めに契約を締結しようと思うのです。

そもそも、値引きといっても、最初の見積りが基準になります。
ですから、最初の見積りが高ければ、いくら値引きをしても、費用が高いということもありうるのです。

ですから、大幅な値引きをするような業者は避けた方がよろしいです。
少なくとも2~3社程度の外壁塗装リフォーム業者から見積りを取ることが必要だと思います。

そして、外壁塗装リフォームをした後の、アフターフォローもとても大切なことです。
外壁塗装リフォームをしましても、塗装がすぐにはがれてしまったり、外壁にヒビが入ってしまうこともあり得ます。

悪徳業者との契約をしますと、アフターフォローについての契約内容がなく、仕事をやりっぱなしで、万が一、なんらかの悪影響がありましても、契約書には書かれていないので、費用がかかるなどと言う業者も存在するのです。

ですから、契約をする場合には、細かいことも全てクリアできるような状態にしなければなりません。
せっかく、外壁塗装リフォームをしても、効果がないような場合も多く、多くの被害者が存在するのです。

神戸市の粗大ごみと有料の指定ゴミ袋

神戸市の粗大ごみと有料の指定ゴミ袋

私が住んでいる神戸市では、個人の家では有料の指定袋を使用しないと、ゴミが出せない。
ある時、ドラッグストアで指定袋を買おうと思っていたら、「もやせないゴミ専用袋Lサイズ」が売り切れていてがっかり。

仕方がないので、別の同じチェーン店のドラッグストアに寄ったら、またもやその袋だけ売り切れ。
Mサイズはあったのだが、月1しか出せない「もやせないゴミ」はLサイズでないと困るのだ。

それなのに、こんなに在庫がないから、取扱いがなくなったのかと思って、思わず店員に尋ねたぐらいだ。
仕方がない、また店をこまめにチェックするしかないか。

ここのドラッグストアチェーンが1番指定袋の値段が安いから、きっと誰かがまとめ買いをしているに違いない。
まあ、今回はまだ準備中だからいいとして、来月以降までには指定袋を入手しないと。

こういう時、神戸市は指定袋でないとゴミが出せないのも困るなあ。
ただ、ゴミを減らす目的であれば、それもやむなしかもしれない。

でも、室内のゴミだけでなく、個人の畑で採れた野菜のクズや、庭木の剪定もあって結構指定袋の消費も激しいのだ。
なにせ昔は外で各家が焼いていたからね。

参考:神戸市 粗大ごみ回収業者

ちなみに、神戸市の隣の市は全くゴミの区分もなく、袋も自由、粗大ごみ処分も無料なんだって。
それってすごく楽だね。

一番安い引っ越し業者はサカイ引越センター?

一番安い引っ越し業者はサカイ引越センター?

私がおすすめする引っ越し業者は、サカイ引越センターです。
おすすめする理由は、3つあります。

  1. 対応が早い。
  2. 社員教育が徹底されている。
  3. 丁寧・親切・顧客重視。

私は一人暮らしでの生活が厳しくなり、今よりも家賃の安いアパートに引っ越すことになりました。
サカイ引越センターの担当者さんはすぐに現地に来てくれ、見積を依頼しただけなのに、お米までプレゼントしてくれました。

お金がない私は、引っ越し費用は一番安い業者が良かったので、もう一社見積をお願いしているので、そこと比較してから返事をするつもりでいました。
サカイ引越センターが提示された見積金額は7万円でした。

一人暮らしと言っても、一人では広すぎる位の家族向けのアパートに住んでいた私の荷物は、人一倍多いです。
ですので荷物の量からすると、7万円は妥当な金額のような気もします。

お金がない私は、ダメもとで、サカイ引越センターに、安い金額にして貰えるよう、交渉してみました。
(初めてです)

丁度、他の業者の見積があり、ダメならそこにお願いすることにしていたので、思い切って見せました。
他社の見積は4万円。
利用しているアパートの関連会社が、引っ越し業者なこともあり、かなりお安いです。

かなり渋い顔をしつつ、諦めきれなさそうなサカイ引越センターの担当者の方。
少し時間を下さいと一旦外に出られたので、私は諦めていました。

数分後、サカイ引越センターの担当の方から「条件付きで良いなら4万円にしましょう」と話をされたことに驚きました。
「え!このな安い金額で、いいんですか?」と固まった私です。

出された条件は、他の引っ越しがある同じ日の、午後の便にしてほしい。
できれば4時頃がいいと希望されました。
そのため、こちらからの転居日の指定は、出来ないがなるべく希望の土日にしますとのこと。

私自身は午後4時は一人だから大丈夫だが、会社を休んで引っ越すことは出来ないので、土日に引っ越しできないと困るな。とためらいました。
しかし、お米も頂いたし、ダメもとで交渉した安い金額でとの希望を聞いてくださったこともあり、思い切ってサカイ引越センターにお願いすることにしました。

交渉成立後に、すぐに「今日は少ししか持って来てないので、また後日持参します」と沢山の数種類の段ボールをくれました。

引っ越しは、運良く日曜日の午後に決定しました。
丁度、家族向けの作業が午前中に終わって便乗できることになり、16時予定も当日に作業が早く進んだのでと14時になり、私にとってはラッキーでした。

午前中の引っ越しが、家族向けだったこともあり、そのまま大型トラックで来たのでびっくりしました。
移動距離も近くだったので自分で運べるものは事前に運んでいたかいもありますが、大型トラックだったおかげで、当日は全ての荷物を入れても余裕がある状態でした。

引っ越し当日、サカイ引越センターのスタッフさんも気持ちのいい挨拶をして下さりました。
仕事にもムダがなく、丁寧かつ素早い動作で作業され、素晴らしい社員教育がされているなと感激しました。

無理なお願いを聞いてくださり、お金のない私でも、一番安い金額で、尚且つ問題なく引っ越しができたことは、サカイ引越センターのおかげです。
心より感謝しています。
以下は、見積もり前に参考にしたサイトです。

参考:引っ越し業者 どこが安い

繁忙期に一番安い引っ越し業者だったのはサカイ

繁忙期に一番安い引っ越し業者だったのはサカイ

今から四年前、丁度この時期にサカイ引越センターを利用しました。
きっかけは主人の転職です。

主人が数年間勤めていた会社を辞めて、実家の店の手伝いをすることになりました。
そこで、神奈川県から愛知県へ引っ越すことになり、私が引っ越し業者を探しました。

当時、一番人気の引っ越し業者が、サカイ引越センターだったため、まずはこちらに見積もりを出してもらいました。
スーツを着た中年の男性が見積書を作成してくださったと思います。

それから他に二社、見積もりを出していただいたのですが、神奈川県から愛知県への移動は、サカイ引越センターがダントツで引っ越し料金が安かったのを覚えています。

繁忙期のこの時期に20万円ほどでお願いできるとのことでした。
当時、金銭面で苦労していた私たちは、サービスの質より実際にかかる費用を重視していました。

なので、電化製品の故障など、極端な問題が起きなければ安い業者で良いと思っていたのですが、サカイ引越センターはサービスもお値段の割りに充実していたと思います。
少し料金を追加するだけで電化製品や家具の補償ができたり、衣類をタンスから出さすに運びだしてくれたことは本当に良かったです。
安心なだけでなく、楽もできました。

また、引っ越し後に一度ダンボールの回収にも来て下さったので助かりました。
低料金で満足いくサービスだったので、また愛知県から引っ越すことがあれば、サカイ引越センターにお願いしたいです。

一番安い引っ越し業者ランキング1位はサカイ

一番安い引っ越し業者ランキング1位はサカイ

今年の5月、東京から奈良に夫婦二人で転居してきました。
かなりの距離ということで、ネットの口コミを見て、安い引っ越し業者3社に見積りをお願いしたのですが、断トツで一番安いのが「サカイ引越センター」でした。

サカイに直接問い合わせて、見積りをお願いしたら、すぐに営業の方が来て下さいました。
その場で即決すれば、なんと「16万」とのこと……。

その後に2社来られることが決まっていたので、その場では即決しなかったのですが、結局、その時に決めれば良かったと後々思うことになるのです…。
他2社も大手の引越センターに見積りをお願いしていましたが、サカイより10万近く高かったです。

次の日、サカイに電話して「お願いします」という返事をしたら、16万は無理でしたが、クーラーの取り外しや設置込みで、19万で引っ越しを完了することができました。

一番安いのは良かったですが、残念だった点は、時間の指定ができないこと。
東京→奈良の引越で、15時から引っ越し作業が始まったので、結局17時くらいの新幹線で移動することになりました。
そして、翌日は9時から作業が始まったので、身体はキツかったです。

あと、営業の方は丁寧でしたが、段ボールを持って来られる方はとても適当でしたし(質問しても、何も把握していなかった)、作業も「とても丁寧」とは言い難かったので、お値段なりかな~と思うこともありました。

どこの引っ越し業者業者に頼んでも、人によって本当に様々なので、運次第かなあと思うこともありますが…。